南相馬には南相馬にのみ適用しうる復興が必要

昨日、2月11日(祝)に、南相馬世界会議2012を開催し、無事終了しました。

詳細はUstreamの内容をご確認ください。
http://www.ustream.tv/channel/minamisoma-wc-ch1

原発災害により「心」「文化」「経済」の全てをいったん失いつつあった南相馬とその近隣ですが、今後、住民による住民のための復興こそ必要であるということが強く示された会議でした。

政府や自治体からの復興がもたらされるのを待つのではなく、これまでの野馬追文化圏が持つ歴史的背景と必然性をふまえて、住民が自律的に復興を創りだしていくことにこそ、南相馬における本当の復興となる、ということを明らかにしました。

そのための今後の具体的な行動として、

・小高地区も含めた野馬追の完全開催
・そのための小高神社再建とその周辺への立入を可能化
・野馬追祭場の計測と浄化
・子供たちの遊び場の浄化と創出
・新しい経済活動の創出と誘致

これらのことから、除染およびその技術開発はそれ自体を目的とするのではなく、復興の手段として住民主導で進めて必要があることを確認しました。

今回の開催にあたりご尽力いただきました、南相馬の皆さん、市長や市役所の皆さん、被災地外のボランティアの皆さん、ウエブサイトからボランティアへの申請をして下さった皆さんに、心から御礼申し上げます。

不慣れな運営上、不手際や対応の遅さなどが生じてしまったことを心からお詫び申し上げるとともに、今後30年に渡る「記憶と記録」を残していく事へ引き続き力を貸していただけますようお願い申し上げます。

また、企業や被災地外の方々には、先進国としての日本が「原発災害とその克服の現状」を報告するということに対して責任をまっとうできるよう、賛助金へのご支援などを通じて引き続きご協力をいただけますよう重ねてお願い申し上げます。

ありがとうございました。

 

南相馬世界会議実行委員会
実行委員長 石丸雄嗣