原町区日の出町在住の男性(46歳)より 南相馬/「記憶と記録」 No.0002

私は東日本大震災に伴う福島第一原発事故で
長野県下伊那地方に避難を余儀なくされていました。
添付画像は
その避難に関連した新聞記事の画像です。
長野県の新聞(信濃毎日新聞)に採用された投稿内容も
画像として添付してあります。
よろしければ、将来への記録としてご使用下さい。

なお、個人情報としては署名の通りです。

2月11日の会議には参加させていただければありがたいと考えています。

以上、よろしくお願いいたします。

原町区日の出町在住の男性(46歳)より(PDF版全ページ) 南相馬/「記憶と記録」 No.0002

南相馬世界会議2012では、原発災害の体験談を「記憶と記録」として集めています。全世界に南相馬で起こったことの現状を伝え続け、 今後30年以上に渡る復興への記録とするためです。

これらのテキスト化や英語・ドイツ語・フランス語など多言語化へのご協力もお願いしています。詳しくはこちらのページをご覧ください。

伝えたい記憶、残したい記録、知りたい事実を集めてください。